看護学生を応援する看護情報サイト
看護師のまど

この病棟でよかった!のびのび成長できます!
東京山手メディカルセンター

この病棟でよかった!のびのび成長できます!東京山手メディカルセンター

病棟の看護スタッフの中で“黒一点”の須原さん。女性の間で孤立しないよう、メンタル面のサポートはとくに気を配ったそう。病棟の研修責任者である、副師長・伊藤恵さんに詳しいお話をうかがいました。

新人それぞれの長所を伸ばす研修を心がけて

毎日元気に出勤することが、研修のスタート


伊藤 恵 さん
8階西(呼吸器外科)病棟
副師長

新人時代で大事なことは、あいさつをするという社会人の基本を大切に、元気に職場に来ることだと思っています。そのため病棟ではスタッフから声をかけ、入りやすい環境作りをしています。実際の研修では、毎月目標を立てて、その月に出来たところ、出来なかったところを新人、新人教育担当者で確認し、出来なかったところは翌月の目標に追加するという形で進めていきます。また、須原さんに対しては、病棟唯一の男性看護師ということもあって、女性の中で孤立しないよう、外科の男性医師にお願いしてなるべく声をかけて頂けるようにしていました。

先輩として、後輩を導く存在に成長してほしい

須原さんのいいところは、とにかくやさしいところ。誰に対しても穏やかできちんと向き合って話をするところです。何年もこの仕事をしていると、つい忙しさにかまけて、そうした部分がなおざりになりがちですが、彼には今の気持ちや姿勢を変えることなく大切にしてほしいと思います。特に、高齢の患者様には大人気で、一緒に歩行練習に付き添う微笑ましい光景をよく目にします。その一方で、やや消極的で自分から発信することが苦手なところがあり、入職当初は報告のタイミングが遅くて助言されることもありました。でも最近は男性の手が必要な場面に自ら進んで関わろうとするなど、頼もしい存在に成長してきていると感じています。2年目に入り先輩となったことで、これからは後輩をサポートするよき先輩としても成長してほしいと思います。


入職直後には、ペンや手帳、基準値表などをセットにしたサプライズプレゼントがあったそう。
やさしく見守ってくれる存在がいるからこそ、着実に成長できます
Page 1 Page 2 Page 3
病院資料請求

関連記事