看護学生を応援する看護情報サイト
看護師のまど

国家試験合格対策ドリル(2017〜2018)Vol.6 国試直前の勉強の進め方

国家試験合格対策ドリル2017第6回

国試直前の勉強の進め方

なりたい看護師を目指し、最後まであきらめない。

国試に本当に必要な事項に集中しましょう

最後まで勉強をやり切ろう

いよいよ看護師国家試験も目前に迫ってきました。ふだんから勉強をしている人は何も心配することはありません。受験者の90%が合格する試験だからです。ただ、必修問題で80%以上の点数を取らないと、他がよくても合格できませんから、それだけは注意が必要です。

忙し過ぎて、試験対策が全くできなかったという人は、あきらめたら、それで終わりです。最後まで、あがくことが大事です。あがき方ですべてが決まります。どうすればよいかというと、直前5か条を示しておきます。

直前5か条

  1. 体調管理に気をつける
  2. 出題されそうなところを勉強する(出そうにないところは手をつけない)
  3. 勉強したところは要点にまとめ、その要点を憶える
  4. 本当に直前になったら、あれこれと手を出さない
  5. 試験会場では、問題が配られる前まで、知識を整理する

直前の体調管理

まず、体調管理ですが、試験当日はもちろんのこと、試験勉強期間中も、勉強時間が失われますから、できるだけ風邪をひかないようにします。気道を冷やさないように普段からマスクをするのもよいです。また、体を温める食べ物を摂ると体調が維持できます。試験当日は着脱しやすい服装にします。ここ数年、受験体験記を拝見しますと、どこの会場も寒く、オーバーを着て解答に臨んだ人が多いようです。ただ、昼になると暑く感じるようですので、調節が必要です。どこの会場もトイレが大変混むようです。早目に行動するようにします。昼食を摂ると眠くなると言われていますが、最近の生理学的知見では、起床後、8時間程で大脳が休もうとして眠くなる、ともされています。午後の試験で眠くなったら、目を短時間でも閉じると、頭がすっきりする場合があります。人によっては、下痢止めを持参しましょう。

何が出題されるか自分で予想してみる

この時期はもう、難しすぎるものには取り組まないのがよいです。難しいものの多くは、基本的なものが複合したものです。ですから、基本をたくさん身につけておくと、試験当日の頃には難しいものも自然と解けるようになっています。

そして、出題されそうなところを勉強するのが大事です。どこが出題されそうであるかを見極めるには、過去問に取り組むことが必要です。これは過去問の答を丸暗記するということではありません。過去問を解いたら、
(a)結局、この問題のポイントは何か、ということをノートに書き出してみる
ことをします。また、
(b)自分が出題者だったら、どのような問題を作るかを想像し、実際にアレンジしてみる
と実力がアップします。アレンジするときに、いろいろと調べると、必要な知識が拡がっていきます。

新出題基準/国試の傾向/勉強方法のアドバイス

ここで、国試の動向と、そのための勉強方法のアドバイスをまとめます。

新出題基準

第107回より、新出題基準に準拠することになります。過去の経緯をみますと、あくまで「基準」であって、基準から外れた内容が出題されることもありましたし、出題のすべてが、すぐに新基準に即したものとなることは考えにくいですが、新しい項目は念頭に置いている方がいいでしょう。

出題の内容や形式に大きな変更はありませんので、過去問を中心に対策すれば大丈夫です。ただ、全体としては、知識同士のリンクが重視されているようです。

内容としては、健康の定義や概念、地域包括ケアシステム、検査データに重点が置かれるようです。そして、カタカナ語のキーワードが大変多くなっています。次に掲げますので、ネットで軽く調べて、まとめておくことをお勧めします。

ウェルネス、ワーク・ライフ・バランス、フォーマルサポート/インフォーマルサポート、ポピュレーションアプローチ/ハイリスクアプローチ、エンド・オブ・ライフ・ケア/アドバンスケアプランニング、リロケーション、サクセスフルエイジング、ヘルスプロモーション/エンパワメント、ストレングスモデル、ライフレビュー、コンフォート理論、フレイル/サルコペニア、バースレビュー、レジリエンス

国試の傾向

第103回以降、それ以前の国試と異なり、全体にわたり、問題自体が重要ポイントを踏まえて出題されるようになっています。一方で、考えて解答させる問題が増えてきています

【勉強 ①】
過去問を解いておきます。前回の第106回の出題傾向は、見かけの上では大きく変わったように見え、過去問を勉強しても役に立たないし、どうやって対策を立てていいのかも分からず、空虚感・無力感がある、という受験生が多かったのですが、プロの目から見ると、かなりの部分で、過去問を参考に出題されていることが見て取れます。過去問は、今後出題される内容の大筋の傾向を把握するのに大いに役立ち、細かな項目の出題を予想できたりもして、何よりも出題されそうにない問題を見抜く力を養うことができます。

【勉強 ②】
問題自体が重要ポイントを踏まえているということに対応するには、ふだんから、何が重要かを見抜く力をつけておくことが必要です。そのために、最初から国試対策本で重要ポイントのみを把握し、重要ポイントの視点から、他に必要な知識を増やしていくという勉強法もありえます。

【勉強 ③】
これまでの出題傾向では、設問→正解というように直接的に結びついていましたが、最近の傾向では、過去問と類似した問題が出題される場合、必ずしも全く同じような問題が出るのではなく、
設問→(過去問での正解)→それと関連する事項・表現
といった一歩踏み込んだ出題がなされています。これに対処するには、暗記に頼る勉強(想起型)ではなく、理解に基づく勉強(思考型)を中心にしていくことが必要です。

求められているもの(看護に求められる判断プロセス)

新出題基準の他に、看護師国家試験の制度改善が検討されていて、判断プロセスがキーワードとなっています。

判断プロセスということで、何が求められているかというと、次のようになります。
「看護の臨床において、介入を通して直接得る多様な情報を段階的・総合的に判断した上で、患者や家族等とともに看護を決定していくプロセスを問う必要がある。出題の方法には、(1)判断プロセスについて問う、(2)判断そのものを問う、(3)判断するために必要な情報は何かを問う、(4)情報を列記したなかで優先度を問う、(5)介入の結果から判断の根拠を問う、などがある。」

【勉強 ④】
上記の判断プロセスにあって最も重視されているのは、情報を取捨選択する、ということです。これは、これまでの状況設定問題においても求められていたことで、何が有意な情報であるかを見極め、有意ではない他の情報と区別できる学力を身につけていく必要があります。これは、意外にも、日本語力が関係します。医学的知識も重要ですが、たとえば、症例が書かれた文章を丹念に読んでみることを重ねていくうちに、これらの学力が身についてきます。

看護技術と同時に、根拠(エビデンス)自体を知識として持つような学習をすることも望ましいです。

長文化(単問の状況設定問題)

3連問の状況設定問題の他に、一般問題なのに長文である問題が出題されています。

視覚素材問題

視覚素材問題では、画像診断への活用に関する問題が検討されています。写真ではなく、カラーの図表やイラストが用いられる可能性もあります。

看護の統合と実践

新出題基準で、各領域の看護の統合について出題することが、はじめて具体的に提示され、各看護学分野のうち、2分野以上を含む、臨地の状況に近い複合的な事象における統合的な問題として出題するということになりました。

たくさん勉強しているのに成果が上がらない方へ

国試対策本やまとめの本は、周りの多くの人が使っているもので勉強すると安心ですが、この時期になっても、まだ調子が出ないという方は、仕方がありませんから、早めに自分に合った国試対策本に切り替えてみるというのも一つの手です。

【勉強 ⑤】
過去問を解きながら、国試対策本同士を見比べる「比べ読み」をしてみると、見方が立体的になり、急に、問題の意図するところがよく分かってくるようになることがあります。そして、本当は、どの国試対策本が良いものなのか、見極めもつきます。

直前には、あれこれと手を出さない

さきほどの(a)を増やしていけば、要点集となります。国試直前には、こういうものを復習することが理想的です。直前の時期になって、これまで手をつけていなかったものに手を出すと、あれもやっていない、これもやっていない、となって、意気消沈してしまいます。

問題が配られるまで要点を見直す

試験当日は、問題が配られるまで、このような要点を見直します。不思議なことに、受験体験記を拝見しますと、試験開始間際に見ていたものが出題された、ということが多いようです。場合によっては、国試対策本や、受験雑誌の付録となっている要点集やデータ集を持参して、間際まで眺めてください。これらの付録を使うのであれば、試験前に一通り目を通しておくべきです。

試験当日の昼休みに、友達同士で午前の試験のでき具合を確認することがよく行われているようですが、これはやめましょう。当日は互いに別行動をすることを事前に申し合わせて、問題が配られるまで、あがきます。このような配慮をするというのが本当の友情というものです。なお、解答のマークシートは横型と縦型があり、隣の席の人が横型であれば、自分は縦型で解答することになります。午前と午後で同じ型のものとなります。2種類のマークシート用紙のサンプルが国試対策本に掲載されていたりしますので、とっさのことに対応できないという人は前もって慣れておくようにしましょう。

長文の問題はメリハリをつけて黙読

看護師国家試験の問題の文章は長文になってきています。出題の意図が見えてこない場合、イントネーションとアクセントをつけて何度も黙読し、また、その読み方を少し変えると、何が問題になっているかが浮かび上がってくるはずです。

試験で皆さんが最大限に力を発揮できますよう祈っております。


蜂谷正博 メビウス教育研究所 塾長
蜂谷 正博
メビウス教育研究所 塾長

日本赤十字看護大学をはじめ全国の看護学部、看護専門学校、薬学部で看護師・保健師・薬剤師国家試験対策講座を担当。著書に『必修ラ・スパ』など。動画配信サイト『メディカルアップ』で名講義を公開中。元東京大学大学院医学系研究科客員研究員。

メビウス教育研究所:http://www.mebius-ed.co.jp/

関連記事