看護学生を応援する看護情報サイト
看護師のまど

国家試験合格対策ドリル(2018〜2019)Vol.3 国試ノートをつくり始めよう

国家試験合格対策ドリル 第3回

自分の頭の中を整理する国試ノートをつくる

結局は、本当に重要なことのみをまとめた国試ノートを自分でつくるのが、自分の勉強のためになります。ノートをつくるのにも、最初からびっしりと書き込むやり方と、必要なことをどんどん付け足していくことができるルースリーフを増やしていくやり方(ファイリングノート)があります。最初からびっしりと書き込むのは、勉強のための勉強であり、発展性がありません。一方、ルースリーフの使い方として、表(おもて)面だけに書いて、大きなカードのようにして扱うということがあります。実際、厚めの紙のものも販売されています。学習事項には、整理して憶えた方がよいものがありますから、それを、事項整理に適した形で一枚にまとめ、適宜、取り外して何回も眺めるのもよいでしょう。そのような項目として、基準値、ホルモン一覧表、脳神経一覧表などの図表をつくるのは必須です。

絶対に自分でつくっておきたい図表〈AAランク〉

カタカナ語、基準値、ホルモン一覧表、脳神経一覧表

絶対に自分でつくっておきたい図表〈Aランク〉

免疫、血球、止血機構、ビタミン、中枢神経系、自律神経の神経支配、心臓、肺、尿生成、主要薬剤一覧、人口関連データ、死因順位、母性保護と出産・労働の両立支援、アレルギー、貧血の種類、尿失禁、性周期、妊娠経過と胎児、分娩・産褥、新生児

整理して憶えておくべき事項の例

●コ・メディカルの役割
●医療保険からの訪問看護
 厚生労働大臣が定める疾病等
●介護保険法施行令での16の特定疾病
●障害高齢者の日常生活自立度判定基準
●認知症高齢者の日常生活自立度判定基準
●マズローの基本的欲求階層論
●ジャパン・コーマ・スケール、グラスゴー・コーマ・スケール
●画像診断の種類
●採血
●注射法
●穿刺
●心音聴取部位
●代表的な心電図
●圧痛点
●薬の副作用の代表的なもの
●消毒薬の種類
●WHOの3段階除痛ラダー
●看護方式の種類
●地域包括ケアシステム
●酸塩基平衡の異常
 代謝性アシドーシス
 代謝性アルカローシス
 呼吸性アシドーシス
 呼吸性アルカローシス
●ショックの病態
●脳血管障害の鑑別
 出血部位
●圧迫性神経障害
●染色体異常
 21トリソミー
 13トリソミー
 18トリソミー
 性染色体異常
●新生児反射
●発疹を生じるウイルス感染症
●BMI、カウプ指数、ローレル指数
●予防接種と接種法
●学校での感染症予防と出席停止基準
●精神保健福祉法に定める入院形態
●統合失調症の症状
●気分障害(躁うつ病)の症状
●神経症性障害の症状

ノートをつくる上での注意点

最近は、中学校などで、勉強の仕方自体をチェックするための、ノート提出による評価が行われている関係で、色ペンなどは20色セットのものが販売されています。だからといって、国試ノートを作成するのに多くの色を使う必要はありません。どの色を使うかに頭を使ってしまうからです。解剖図を描くのに適した色ペンもありますが、ほどほどにしておきましょう。描くのが目的ではありません。医療や看護のイラストの描き方としては、森皆ねじ子先生の本のイラストが、現場でも通用するものとして参考になります。

国試ノートの進め方としては、過去問を解きながら、作成していくのがよいでしょう。過去問の中には、今後は出題されないと思われる問題もありますから、そのような問題については、つくる必要はありません。

まとめノートを何度もつくって、国試に間に合わなかったという話を聞いたりします。ここでご紹介したノートのつくり方は、そのような失敗を避けるためのものです。きれいなものでなくてもいいのです。つくり直さず、ページをどんどん増やしていきましょう。


蜂谷正博 メビウス教育研究所 塾長
蜂谷 正博
メビウス教育研究所 塾長

日本赤十字看護大学をはじめ全国の看護学部、看護専門学校、薬学部で看護師・保健師・薬剤師国家試験対策講座を担当。著書に『必修ラ・スパ』など。元東京大学大学院医学系研究科客員研究員。

メビウス教育研究所:http://www.mebius-ed.co.jp/

Page 1 Page 2

関連記事