看護学生を応援する看護情報サイト
看護師のまど

Q.大学病院ならではの手術看護の魅力は何ですか?
東邦大学医療センター佐倉病院

Q.大学病院ならではの手術室看護の魅力は何ですか?

新人看護師に聞く
A.優しい先輩たちが全員で支えてくれる

実習やインターンシップでも、なかなか立ち入る機会がないオペ室。その中で行われている看護は? 新人教育はどうなってるの? 手術室勤務1年目のNさん、ズバリ「本当のこと」を教えて!

マンツーマンの丁寧な指導で確実に技術を身につけられる

新人看護師新人看護師
Nさん

高校生のとき怪我をしてリハビリに励む友人を見て、将来は怪我や病気で困っている人を支えたいと思ったのが看護師を志した理由です。急性期の領域を志望していたものの、実際にオペ室に配属が決まったときはびっくりしましたね。「自分にできるだろうか」という不安でいっぱいでしたが、優しいプリセプターや先輩に迎えられてひと安心。
新人教育はとても丁寧で、手術に関わる材料や器械、診療科ごとの器材の取り扱い方法についてデモンストレーションを交えて教えてくれました。手術の前後にはマンツーマンでフォローアップをしてくれたので、現場で必要な看護技術を学ぶことができたんです。何かと気にかけて話を聞いてくれる優しいプリセプターをはじめ、部署全体で手厚く教育してくれているなと感じる毎日です。

師長や先輩、医師の温かさを実感する日々

医師も先輩も優しいので、遠慮せず誰とでも話せる温かな職場です。ミスをして落ち込んでいるときは話を聞いてアドバイスしてくれるし、食事に誘ってもらうこともあり、楽しく過ごせています。命に関わる仕事であるという緊張感やプレッシャーはありますが、医師や先輩たちは患者さんを守りながら、私たち新人のことも守ってくれていると感じます。スムーズな器械出しができたとき、師長から「できるようになったね」と褒めてもらえたことも嬉しくて。新人のことを、本当によく見てくれる職場なんですよ。
今はまだ器械出し、外回り業務ができる手術は多くないので、自信を持ってできる手術を増やすことが目標。3年後くらいには、「あなたになら任せられる」と言ってもらえるような手術看護ができるようになりたいです。


術前訪問に同行。先輩のわかりやすく丁寧な説明は学ぶことが多いです

外回りを担当するNさん。手術全体に目を配り、手術の記録や必要な薬剤などを準備します

器械出しを担当するNさん。術野を見ながら医師へ器械を手渡します

新人でも「命を守る」誇りを持って働ける現場

オペ室と一般病棟の違いはありますが、患者さんへの思いは同じ。病棟のように長期的にケアすることはできないけれど、人生の一大事である手術に向き合う看護には大きな意味があるんです。多職種の方々とも協力して、チームで患者さんの命を守っているんだという誇りを持って働いています。なかなか入ることのないオペ室は、学生さんにとって遠い存在かもしれません。でも、思い切って飛び込んでもらえれば、貴重な経験ができますよ。

Page 1 Page 2 Page 3
病院資料請求

関連記事