住み慣れた地域でずっと暮らせるように
その想いをささえる看護のチカラ
行田総合病院

住み慣れた地域でずっと暮らせるように その想いをささえるは看護のチカラ

埼玉県北部エリアの医療の中核~行田総合病院~

埼玉県北部エリアの医療の中核
地域の人々の健康と命を守る!

行田総合病院は、行田市をはじめとした埼玉県北部エリアの医療の中核です。地域に暮らす人々の健康と生命を守るというミッションのもと、救急医療や急性期医療を中心に、地域包括ケア病棟、リハビリ病棟、療養病棟などを備えるケアミックス型の病院です。また、手術用ロボットなど最先端の医療機器も投入しており、高度な医療を提供しています。看護においてはゆとりある人員配置を行なっており、患者さんやご家族にとってだけでなく、職員にとっても安心・安全に働ける環境が整っています。

行田総合病院
2021年救急センターとICUなどの新病棟をオープン。
より高度急性期に対応できる設備が整いました。高度急性期から慢性期まで一貫した領域が経験できるため、自分に合った看護を見つけられるはずです。

継続的な治療・ケアを提供できる
のが、ケアミックス型病院の強み

ケアミックス型病院の特徴が、継続的な治療やケアを提供できること。患者さんには後期高齢者の方が多く、急性期病棟からリハビリ病棟や療養病棟に移られる方も少なくありません。一部対象とならない方もいますが、同じ病院で治療を続けられる、知っている職員がいるというのは、患者さんやご家族の安心感にもつながっています。看護においても、病棟を越えて看護師の顔が見える関係性ができているため、継続的なケアがしやすいというメリットがあります。慢性期病棟や地域包括ケア病棟にいる患者さんが急変した場合なども、急性期病棟の医師・看護師と連携しながら治療にあたっています。また、出産・育児などのライフイベントに応じて病棟を異動することも可能で、ケアミックス型であることは働きやすさにもつながっています。

業務の様子
コロナ禍の影響でご家族との面会が制限されるなか、病棟看護師は、オンライン面会や荷物交換に来られたご家族に、できる限り患者さんの情報を共有できるように関わっています。

一人ひとりのペースに合わせた
丁寧な指導だから、1年目も安心!

新人教育では、根拠をしっかりと理解したうえで看護ができるようになることを目指しています。集合研修後の臨床研修を重視し、「根拠なくして実践なし」を合言葉に、「なぜ、そのケアが必要なのか」が理解できるように丁寧な指導をしています。1年目ナースにはプリセプターがつきますが、主任や師長を含めて部署全体で育てることを大切にしています。さらに、2~3年目はメンバーシップ研修、3〜4年目はチームリーダー研修と継続教育プログラムも充実。徐々にスキルアップし、4~5年目にはプリセプターとして新人の指導にあたれるようになることを目指しています。

業務の様子
スタッフに長く働いてもらうため、
丁寧な新人教プログラムの他、継続教育にも力を入れています。
Page 1 Page 2 Page 3
病院資料請求